2011年08月15日

完全復元シリーズ

ジャングル社の完全復元シリーズは、いろいろなデータ消去トラブルの復元に
とっても役立つソフトです。
1データを消してしまった
2画像を消してしまった
3ハードディスクが見えなくなった
4上記3つを1つにまとめたパッケージ

「消してしまった」トラブルに答えてくれるソフト。

パソコンが苦手な人でも、ガイドブック付きソフト入っているので助かります。
さらに詳しい説明やよくある質問もあるので、どんな場面でどんな復元操作をするべきは
とてもわかりやすいです。

私は、ハードディスクが壊れてしまったために、
保存していた画像がすべて消えてしまった悲しい経験があります。

家族旅行や子供のイベントなどの写真がすべてなくなってしまい、
かなり凹んでしまいました。

そのときに、この完全復元シリーズを知っていたらと思うと残念です。

私のような悲しい経験をしないためにも、完全復元シリーズをおススメします。

それでは、完全復元シリーズにはいったいどんなものがあるのか、
次回は具体的にご紹介したいと思います。
【関連する記事】
posted by データをもとにもどしたい at 15:37| データ復元ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月04日

データ復元ソフトとは


うっかり削除してしまった、削除したけど後からそのデータが必要になったときに、
データを復元してくれる専用ソフトがあります。

そのソフトを使ったからと、データが復元するかどうか
その保証はありません。でもいざというときには、専用ソフトが必要でしょう。

専用ソフトにもいろいろな種類があり、復元するデータがどんなものか、
保存先がどこなのかによりますが。

そうそう、私は何を勘違いしたか「Shift」+「Delete」を押してしまい、
それはゴミ箱に入らず、すぐに削除されてしまいました。

一度削除すると戻せない、ハードディスクが壊れた、ウィルスの感染で
データが消えた、なんてときも専用ソフトがあればかなりの確率で
データを復元することができます。

初心者の人でも使いやすい、価格もお手ごろな復元ソフトを調べてみました。

[PR]目のくま・むくみ

posted by データをもとにもどしたい at 15:26| データ復元ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

依頼前に準備しておくこと

無料でデータ復旧の見積もりをする専門業者はたくさんあります。
無料なので複数社に当たってみるとよいでしょう。

専門業者の中には、法人しか扱わないところもあります。
パソコンを直接持ち込みチェックをして、データの復旧が可能かどうか教えてくれる業者や電話でのヒアリングからデータの復旧ができるかどうか判断する業者などいろいろあります。

費用の比較はもちろんですが、専門業者が自分の希望に合っているかどうかも見極めましょう。

データ復旧の専門業者に電話をする前に次のことを確認しましょう。
@ハードディスクにアクセスできなくなった状況をメモする
A復旧して欲しいデータのファイル名と復旧データの優先順位をつけておく
Bメディアの型番を調べておく

パソコンのハードディスクの型番は、次のような方法で調べます。

「デスクトップ」にある「マイコンピューター」の上で右クリックしたのち「プロパティー」をクリック。もしもデスクトップ上に「マイコンピューター」というアイコンがない場合は

「スタート」(左下) ⇒「コントロールパネル」をクリック⇒
「システム」をダブルクリック ⇒ 「ハードウェア」をクリック⇒「デバイスマネージャー」をクリック ⇒「ディスクドライブ」をクリック⇒メニューが展開されて英数字が並ぶ。

これがハードディスクに搭載されているハードディスの型番です。


[PR]沖縄ガラス工房








posted by データをもとにもどしたい at 10:35| 専門業者にデーター復旧を依頼する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

専門業者さんを選ぶポイント

復旧費用は、とても高額になることを覚悟しておく必要があります。

その上で、専門業者はどこがいいのかを考えます。

インターネットで検索すると、たくさんの業者が出てきます。
それなりにどこもよさそうですが。

まずは見積もりを無料で請求しましょう。
見積もりを取ることで、費用の概算はもちろん、どのような復旧作業になり、期間はどのくらいかかるか教えてもらえます。

見積もりができたら、費用はどこで発生するのかを確認しましょう。
多くの専門業者が「成功報酬」で費用を請求しています。
データ復旧が不可能だった場合は、もちろん費用が請求されないので、「成功報酬」タイプの方が利用者にもわかりやすいです。

もちろん、いつまで復旧してほしい、必ず復旧させたいデータなどをきちんと説明しておきましょう。

復旧させたいデータが貴重な資料や個人情報に関するものである場合は、業者の方がきちんと秘密を保持してくれるかどうかも確認しましょう。

業者によってはNDA(秘密保持契約)を結んでからの作業となることもあります。

復旧費用は高額になりますので、復旧作業について十分に説明をうけてから依頼する業者を決めた方がいいでしょう。

[PR]通信教育で「速習筆ペン講座」を習う






posted by データをもとにもどしたい at 12:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 専門業者にデーター復旧を依頼する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

専門業者さんに復旧をお願いする。

専門業者さんに任せた場合、高い確率でのデータ復旧が可能です。

ただし費用も高額です。

料金体系は、多くの業者さんで復旧したいデータの容量ではなく
ハードディスク総容量が基本になります。

つまり「かわいいワンちゃんのとっておきの一枚」を復元・復旧させるのも、
「会社の財務レポート500枚と添付資料画像100枚」を復旧させるのもほぼ値段は変わらないという事です。

ハードディスクの容量が320Gのパソコンに入っていたデータを、復旧・復元させるのに必要な費用はほぼ同じということ。


[PR]結婚式なら沖縄でリゾートウェディング!

posted by データをもとにもどしたい at 14:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 専門業者にデーター復旧を依頼する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月12日

市販のソフトでファイルを復旧 その2

主なファイル復旧ソフトを上げてみます。
以下のようなソフトを使用して復旧できるデータは、あくまでも自分で消してしまったファイルやデジカメ画像などが対象です。

ハードディスクの故障で消えたデータを、復旧させるソフトではありません。

ファイナルデータ2007 特別復元版
 無料体験版で復旧できるかどうかをチェックできる    http://shop.vector.co.jp/service/catalogue/finaldata/2007/

  メーカー:AOSテクノロジーズ 
  価格  :9240円(ダウンロード版)

復元
 http://www.highcelight.com/restoration/

メーカー:ハイセライト
  価格  :2100円(シェアウェア)

Superファイル復活3 コンプリート
  無料体験版で復旧できるかどうかをチェックできる
 http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se323314.html

メーカー:インターコム
   価格  :8190円(ダウンロード版)

[PR]お見合いの上手な断り方


posted by データをもとにもどしたい at 10:20| Comment(1) | TrackBack(0) | ファイル復旧ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

市販のソフトでファイルを復旧 その1

市販のファイル復旧ソフトで、消してしまったファイル、たとえばメモリーカードに記録したデジカメ写真などを元の戻せる場合があります。

ファイル復旧ソフトは、消してしまったファイルの痕跡を探し、復旧してくれるものです。

市販ソフトの価格はちょっと高めですが、うっかり消したメールや大切なデジカメ写真を元に戻してくれるなど、付加価値があります。

たとえば、私が使ったことのあるファイル復旧ソフト「ファイナルデータ2007特別復元版」は、「無料公開版」を使用、果たしてそのファイルが復旧できるかどうか、チェックすることができます。

もし復旧できるのなら、購入すればいいのですから、安心です。

このファイナルデータの使い方はカンタン。

ソフトを起動後、復旧したいファイルのあるドライブをスキャン。
復旧可能なファイル一覧が表示されるので、復旧したいファイルを選択するだけです。

でもこのとき、リストに欲しいファイル名が表示されなければ、復旧は期待できません。

・ファイルを消去してから時間があまり経っていない
 もしくは
・消去したファイル名と同じファイル名でデータを作成していない

以上のどちらかであれば、復旧できる確率は高いでしょう。

復旧できたら、ファイルの中身を確認。

[PR]今週の「英語でしゃべらナイト」


posted by データをもとにもどしたい at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ファイル復旧ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

データ復旧R for NTFS β データ復旧R for NTFS β

無料のデータ復旧ソフトをみつけました。
データ復旧R for NTFS β

パソコンのデータを誤って削除してしまったときに利用できそう。

パーテーション崩壊・フォーマット・データ消去など対応。

便利だなと思ったのは、ファイル名や拡張子から指定でき、復旧データはドライブごとに表示されることでしょうか。

対象のハードディスクのファイルシステムがNTFSの場合、このソフトを使えば、もしかしたら復元・復活できるかもです。

使用するかどうかは、よく考えてからにしましょう。

[PR]モーゲージバンクなら不動産取得も安心




posted by データをもとにもどしたい at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 無料のデータ復旧専用ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

データ復旧への手順

つまり、データの復旧を自分で行う、または専門業者に頼むのどちらであっても、次の点に注意が必要です。

1)データがない、と気づいたときのの行動に注意
 本サイトの記事「データ復旧の前にまずやること」を参照。

2)物理障害、それとも論理障害かの判断

3)復旧させるほどのデータかどうか

4)復旧に必要な費用

まずは、以上を見極めましょう。

[PR]アメックスカードの達人になる



posted by データをもとにもどしたい at 10:57| Comment(1) | TrackBack(0) | データー復旧までの道のり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

専門業者さんにお願いする

専門業者さんにお願いした方がいい場合とは、
 ・何がなんでもデータを復旧する必要がある。
 ・物理障害でデータが壊れた。

専門業者に依頼すると、費用は高いです。

高額な費用を払ってでも、データを復旧させる理由があるかどうかをまず考えなければならないでしょう。

絶対に失うわけにはいかないデータなのであれば、どんな障害であれ専門業者に復旧を依頼すべきです。

ところで物理障害とは機械的・電気的に問題が発生していることを指します。物を落とした、水濡れなども物理障害です。

突然パソコンから「カリカリ」や「キリキリ」といった音がして、その後ハードディスクにアクセスできなくなった場合なども物理障害である可能性があります。

[PR]医療レーザーで脱毛


posted by データをもとにもどしたい at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 専門業者にデーター復旧を依頼する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。